代表からのメッセージ

  1. JAC TOP
  2. IR情報
  3. 経営方針
  4. 代表からのメッセージ

株主の皆様へ

代表取締役社長 松園 健

message_img01.jpg株主の皆様には、日ごろよりご支援を賜りまして、厚くお礼を申しあげます。
第32期となる2018年、代表取締役社長として8年目を迎えました本年のご報告をさらなる増収と最高益の更新という形でお伝えできることに、心から感謝いたします。


2018年3月、当社はおかげさまをもちまして設立30周年を迎えることができました。そして、その同じ月にアジア諸国を中心として世界9ヶ国で人材紹介事業を展開するJAC Recruitment Asia Ltd(JRA)を統合いたしました。これによって、JAC Recruitment Groupが世界一のGlobal Recruitment Consultancyを目指す体制が整いました。


この大きな節目となった2018年、当社は日本における不動の地位の確立に加え、グローバル展開も視野に入れた諸施策を推進してまいりました。


JACグループの主幹事業である国内人材紹介事業において、2018年は歴史的な有効求人倍率の高まりが象徴するとおり企業の求人は増加し、当社が注力する中高額年収帯の転職マーケットにおいても活況が続きました。この流れを生かし、さらなる事業拡大を継続していくための絶対条件である採用と教育に力を入れた結果、採用人員計画の大幅な達成と新人コンサルタントの早期戦力化を達成することができました。この2つの取り組みに加え、既存コンサルタントの専門化と高額案件への集中が2018年の業績を大きく後押ししたと考えております。


他にも、継続的な人材紹介事業の拡大には不可欠となる自社経由の求職者募集の強化や新基幹情報システムの自力開発等、来るべきコンサルタント1,000人体制に備えた大型の投資も実行してまいりました。自社求職者募集サイトにつきましてはすでに大幅なご登録者増となって成果が表れており、また、新基幹システムも今春に稼働開始の予定となっております。


2018年に当社グループの新たな事業として加わった海外事業(JRA)につきましては、国内事業とのシナジー拡大に向け、東京本社のジャパンデスクから各国のJACが取り扱う求人案件への人材供給を本格化させたほか、当社グループ各社とお取引がある多国籍企業の紹介タイアップを推進するアカウントマネジメントの整備、また、グループ全体を視野に入れた国際的な人材配置の最適化を進めるグローバルタレントマネージメントにも力を入れてまいります。


また、今後の成長分野であり、当社が現在最も注力しているIoT、AI、ロボットなどのハイテクノロジー領域の深耕に向け、JAC Digitalの新ブランドを設立。全社横断の新組織も設置し拡大戦略を実行してまいります。


本年2019 年1月には、ドイツ・デュッセルドルフに欧州( 英国を除く) で日系企業初となる新拠点を展開いたしました。名実ともに世界一のRecruitment Consultancy を目指していくため、日本、アジアのみならず、Global を視野に入れ、世界各国で「人と企業の志」をつなぎ、未来に向けた事業を展開してまいります。また、これからもJAC の価値をさらに高め、中長期的な視点で次世代リーダーの育成とその確保をさらに強化し、ガバナンス体制も充実させていく所存であります。株主の皆様には、今後とも引き続きのご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2019年3月

Cookieの使用について

本ウェブサイトでは、ユーザーにウェブサイト上のサービスを最適な状態でお届けするためCookieを使用しています。 ブラウザの設定(Cookieの無効化等)をそのまま変更せずに閲覧される場合は、弊社ウェブサイト上の全ページでCookieを 受信することに同意したものとみなします。詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。

閉じる