社員の声

マニュファクチュアリングディビジョン/Electronics & Mechanicalチーム リーダー

鈴木 智恵

鈴木智恵
当社での経歴
2010年5月東京本社 ビジネスディベロップメントディビジョンへ
コンサルタントとして入社
2011年7月東京本社 EMCディビジョンへ異動
マニュファクチュアリングディビジョンに名称変更
Mechanicalチーム
現在に至る

「社会に影響を与える仕事をする」

転職の経緯

新卒で人材派遣の営業として就業しました。人材ビジネスを選んだ理由は、社会に影響を与えられる仕事で力を発揮したいという思いからです。
スタッフさんの声に耳を傾け、派遣先との意向を調整していく。そんな仕事にやりがいも感じていましたが、リーマンショック後、もっとダイレクトに経営に影響を与えられる仕事がしたいと転職を考えました。
そんな中、経営者と共に企業の成長を支えていく人材紹介業に魅力を感じ人材紹介業を志望しました。

JAC Recruitmentを選んだ理由

転職活動には複数の人材紹介会社を利用しました。JAC Recruitmentもその中の一つでした。
他の紹介会社からは大量の求人が送られてきて、その中には的外れのものも多かった。
ただ、JAC Recruitmentから紹介される求人は「求人の背景」から「紹介する根拠」そして「活躍できるイメージ」といった情報が常に付加されていたのが印象的でした。
可能性のある求人と人材を大量にマッチングさせるのではなく、「入社後に活躍できる事」という目的に真摯に向き合い、「企業の発展に貢献できる人材を紹介する」というスタンスに触れ、自分自身の転職活動の軸に合っていると興味を持ちました。
その際、JAC Recruitmentが社員募集を行っていると知り採用試験を受け入社しました。

仕事の壁

入社当初はもちろん、今も顧客企業からの期待値の高さに、常に良い意味でプレッシャーを感じています。自分が担当するマーケットを理解することが最も重要ですが、理解し尽くすことが求められていると考えると、まだまだやるべきことが多いと感じています。まず、担当領域を細分化して深く深く掘り下げていく中で、自分なりのMAPを作っています。この一つのMAPを点とするならば、積み上げていくことで、いつか面でマーケットを捉えられるようになると努力をしています。
また、仕事の効率化にも取り組んでいます。企業と求職者をワンストップで結びつける両面担当コンサルタントですので分業より効率は良いといわれていますが、まだまだ効率を上げられると思います。知識と経験値を高めることで自分の周りに企業と人のネットワークを構築することにより、瞬時にマッチング出来る状態がベストなのではないかとイメージして取り組んでいます。

仕事の魅力

企業へ商談に伺うと、担当者の方から相談を受けたり意見を求められる事が多々あります。
外部の人間であるにもかかわらず、信頼していただけている。人材紹介とは企業経営においてそんな重要な位置づけであると認識できるのが魅力です。
私は企業への訪問を経営会議への参加と考え、しっかり準備をして臨むことにしています。求人のヒアリングをするにも、企業内の組織を理解し、さらにそこで働く人々についての知識がないとリアリティが生まれないと考えているからです。例えば課長職を任せる人を探して欲しいと言われたときに、「○○部長の下のポジションですね」と言えるくらい企業のことを理解していないと「採用によって実現したい事」は理解ができないと考えています。

また、グローバルという領域における当社のブランド力も魅力の一つです。
企業からもご登録者からも高い期待値を持っていただけている。
自ずと関連する情報や依頼、人材も集まって来ます。世界に影響を与える仕事ができるのも魅力です。

課題と目標

入社してみて思うことは、当社の社員は本当に優秀な人ばかりだと感じることです。
その中でどうやってトップのコンサルタントになっていくのかが課題だと感じています。
知識と経験の積み重ねであることは間違いありません。
とにかく仕事の質に拘って効率を上げていくことで知識と経験値が積み上がる速度を上げようと考えています。
私の目標は、日本の製造業を元気にし、更に発展させることです。
人材紹介という仕事で適材適所を実現していくことで日本の製造業が発展していく。
自分の仕事が社会に影響を与えていることを実感したいと考えています。

大切なもの

仕事の効率を上げていくことです。
顧客企業と人材の間に立って仕事をするのが人材紹介会社であり、スピードが速くて正確であることが最も大切だと考えているからです。
自分の能力を磨き、マッチングの精度を高め、求められる前にサービスを提供できるコンサルタントになりたいと思っています。
その結果、顧客企業の信頼を得、ひいては企業を成長させることが出来ると確信しています。
今、自分にしかできないソリューションを提供できる一流のリクルートメントコンサルタントを目指して仕事をしています。

仕事の流れ

コンサルティング

企業からの求人案件の受注などのコンサルティング活動全般を行います

スクリーニング

ご登録者の中から、企業の採用条件に合う候補者を探します

ご登録者の紹介

候補者の応募意思を確認後、履歴書や職務経歴書等の書類を準備し、企業に候補者を紹介します

面接

企業が希望する候補者との面接を設定します。スケジュール調整や結果について候補者へ連絡します

内定者の決定/入社後のフォロー

内定者への意思確認、給与等採用条件の調整をします。採用後も転職された方が長く活躍できるよう、企業人事担当者へフォローも行います

1日の仕事の流れ

8:00出勤、新聞・メールチェック
9:00朝会(新着求人や業界トピックスの共有)
10:00ご登録者の初回面談
12:00昼食
13:00移動
15:00企業打ち合わせ(求人ヒアリング)
16:00新規企業開拓、求人票作成
18:00ご登録者とお電話(面接前指導)
19:00ご登録者の初回面談
20:30退社