社員の声

Webディビジョン/Webメディアチーム プリンシパルコンサルタント

金澤 雄太

金澤雄太
当社での経歴
2011年7月東京本社 ITディビジョン コンサルタントとして入社
Webディビジョン立ち上げに参画
Webディビジョン Webメディアチーム プリンシパルコンサルタント
現在に至る

「人材紹介のコンサルタントが天職だ」

転職の経緯

新卒で人材紹介会社に入社し4年ほどキャリアコンサルタントを経験しました。派遣業が中心の会社でしたが、私は正社員の転職支援を担う部門に属していました。言葉を選ばずに言うと、当時は「人を売って対価を得る」というビジネスと捉えていました。「人」ではなく、目に見える「物」を売って対価を得たいと思うようになり転職を決意。学生時代に学んだ教育学とリンクする形で、学校向けの教材を売る営業職に転職しました。
しかし、転職先の教材メーカーの営業手法は、自分が想像していた提案力や商品力が必要な営業ではなく、価格だけで決まる仕事でした。
ここには、自分が求めていたものがなく、毎日、販売価格の交渉で、途方に暮れておりました。
そんな時、JAC Recruitmentのコンサルタントから連絡を頂き、求職者、企業、人材紹介会社の3者全員が勝者になれるビジネスモデルであることを改めてお話しいただき、人材紹介業が自分の天職ではないかと考えるようになりました。

JAC Recruitmentを選んだ理由

JAC Recruitmentで働いている元同僚からフィロソフィーであるFreedom&Disciplineが浸透している様子を直接聞いて転職を決意しました。
「実績を上げる根本を踏まえたうえで、フレックス制度の活用なども含めて、出退勤の時間や行動は個人に任されている。」ということや、「評価がクリアであること」そして「風土」などについて、元同僚が感じる所を率直に聞かせてもらいました。ホームーページから読み取れる内容だけでなく、内部の人の言葉を聞いて安心できました。結果、他の会社を受験することは無く、JAC Recruitmentから内定をもらえたら決めようと思いました。自己管理しつつお客様に合わせて動ける環境ならば結果を残せる、そんな自信もありました。
今は、会社と声をかけてくれたコンサルタントに恩返しをするつもりで働いています。

仕事の壁

入社間もない頃、JACのコンサルティング手法に馴染めいなため、結果を出せなくて悩んだことがありました。

それは、自分が獲得した求人でも、求人の種類によって、その分野で一番専門性が高い別のコンサルタントが担当するルールです。
当初は、自分が獲得した求人を自分が決められないことへの戸惑いが大きく、少し悩んだ時期がありました。しかし、他のコンサルタントがその求人を決めたことで、顧客企業から大変感謝されたことから、業界や職種の専門性の高いコンサルタントがサービスを提供することがベストであると理解することができました。
そこから、自分の領域に専念して、月間の敢闘賞を頂くなど、快進撃が始まり、安定的に結果をだせるようになりました。
現在は、求人毎に業界、職種のプロが、最高のコンサルティングサービスを提供することが、顧客企業にとって、最高のサービスであると確信しています。

仕事の魅力

1)みんなハッピーになるビジネスモデル
転職の経緯でも触れましたが、私はこのビジネスに関係する人全員が納得して成立する仕事に魅力を感じています。
私にとっては人材紹介は「天職」です。

2)JACのRC制
RC(Recruitment Consultant)は、ご登録者、企業、双方の担当責任を持って最適なマッチングを提供します。企業の担当者の方の思いや採用背景を深くとらえながら、片方でご登録者の転職背景などを掘り下げていくことで、最適なマッチングの提供が可能です。
「内定出したので、最終決定いただけるように頼むよ!」とか「○○を考えて入社を決めました!」など、一言ひとことを、両者から直接伺える。双方の気持ちの変化に寄り添えるという大きな魅力があると感じています。
また、一つひとつの成約について、都度異なる喜びに関われることが楽しいです。

課題と目標

当面の目標は、社内で表彰されることです。目立ちたがりの性分もありますが、月間表彰、そして年間表彰を狙っています。特に年末の業績発表会は豪華なステージでスポットライトを浴びて表彰されます。自分がその場で脚光を浴びる姿をイメージして日々努力しています。
課題は、「高単価化」です。
過去の自分は、若手の低年収帯や協業したコンサルタントと成約金額を分け合う分業での成約が得意でしたが、会社の方針に基づいて、どのように専門性の高い高年収帯や高手数料帯の成約を手がけていくか、日々工夫とチャレンジをしながら働き方を変革中です。今年に入ってからは、1社で高単価の成約を2名決めるなど、実績も出せるようになってきました。数ヶ月前と比べて提案の仕方が変わったり、働き方が変わったりと成長を実感しながら楽しく働いています。

大切なもの

一番は「家族」です。

私は、「天職」と思える仕事に出会えました。この天職で継続して成果を上げ、大切な家族との時間をより充実したものにしたい。
我が家は共働き家庭ですが、奥さんに沢山負担をかける代わりに自分も沢山お給料を稼ぐという考え方ではなく、父親としても子育てにきちんと携わることを大切にしたいと考えています。
フレックスタイムの運用を含め、自分の裁量で、時間をコントロールできるので、、保育園の送りを私が担当するなど、平日の育児参加ができるようになりました。家族との時間をきちんと持てる、メリハリをつけて仕事ができるという点は本当に有難いと感じています。
こうした風土を維持発展させていけるように「実績」で貢献したい。そういう思いで働いています。

仕事の流れ

コンサルティング

企業からの求人案件の受注などのコンサルティング活動全般を行います

スクリーニング

ご登録者の中から、企業の採用条件に合う候補者を探します

ご登録者の紹介

候補者の応募意思を確認後、履歴書や職務経歴書等の書類を準備し、企業に候補者を紹介します

面接

企業が希望する候補者との面接を設定します。スケジュール調整や結果について候補者へ連絡します

内定者の決定/入社後のフォロー

内定者への意思確認、給与等採用条件の調整をします。採用後も転職された方が長く活躍できるよう、企業人事担当者へフォローも行います

1日の仕事の流れ

8:00子供を保育園に連れていきます
9:00メールチェック、当日の面談予定者のレジュメの確認
10:00面談
12:00面談後のデータ入力。企業訪問準備
13:00ランチ
15:00企業訪問
16:00帰社、求人票の作成、面接日程調整、メール確認
19:0020時から21時の間で帰宅、水曜日は子供をお風呂に入れるため
19時30分帰宅