小浜 剛

自分で物事を考えて責任を取れるプロフェッショナルを育て、支店を成長させたい

  • 北関東支店 支店長
  • 2011年 中途入社

無形のサービス業の中でも、特に難しそうな人材業界へ挑戦

「難しい営業がしたい」という考えのもと、新卒で医療系商社に入社し、5年間で2度の営業表彰を受け退職。その後、さらなる高みを目指して保険会社のフルコミッションの営業職に挑戦したのですが、1年で挫折してしまいました。その後、転職のためにジェイ エイ シー リクルートメントに登録したところ、コンサルタントからジェイ エイ シー リクルートメントへの入社をすすめられたのです。そこで、無形のサービス業の中でも特に難しそうな人材業界に挑戦したいという思いが生まれ、入社を決めました。

入社当時の私は、砕かれたプライドを取り戻そうと、必死で目の前の業績にこだわっていました。そんなとき上司が、「すぐに成功しなくても良い、もっと目線を高くしろ」と一声かけてくれたのです。おかげで、視界が晴れました。能動的に動いていれば、手を差し伸べてくれる人がいる。ジェイ エイ シー リクルートメントはそんな懐の深い会社です。

新設した北関東支店のマネジメントを担当

入社3年目に、新事業の立ち上げを任されました。これまで誰も経験したことのない業務に毎日懸命に取り組みましたが、残念ながら結果は出ませんでした。ただ、このことで「目の前の数字を上げることよりもさらに難しい仕事」を経験することができ、その難しい目標を実現してやろうと挑戦する気持ちが生まれました。

現在私は、2017年秋に開設した北関東支店で10名弱のコンサルタントをマネジメントしつつ、自分もプレイヤーとして働いています。埼玉・群馬・栃木・茨城の中小規模の製造企業を対象としていて、範囲は広く移動は大変ですが、あえてコンサルタントごとに担当エリアを分けることはしていません。その理由は、各コンサルタントの自由な動きにより、そこから芽吹く新たな事業の種を求めているからです。効率は悪いかもしれませんが、各エリアについてさまざまなメンバーが多様な視点から意見を交わすことで、新たな気づきを得てほしいと考えています。

メンバーが成果を出してくれることが、今の一番の喜びに

私が北関東支店長になったとき、「売り上げ、人数ともに5年で5倍にする」という目標を掲げました。その目標達成のために心がけたのは、「芽吹いた種」を大きく育てるマネジメントです。今、北関東支店には本社時代から苦楽をともにしてきたメンバーが2人いますが、最初はわざと突き放しました。彼らははじめ、はた目にも苦戦しているのが見て取れましたが、いつの間にか2人で相談しあって課題を解決し、以前よりも成長してくれたのです。

本来、自分で物事を考えて責任を取るのがプロフェッショナルであり、一流のメンバーに細かく指導をするのはおかしいと思います。自分を超える部下を作るのがビジネス発展の基礎ですから、私がいなくてもメンバーが成果を出してくれていることが、今の私の一番の喜びになっています。

私にとっての「つなぐ」

「目の前の人に、手を差し伸べられるか?」。その一歩を踏み出すことから、つながりは生まれると思っています。簡単なようですが、一度手を差し伸べたからには、もうその手を振りほどくことはできません。どれだけの覚悟を持って差し伸べられるか。それができれば、自然といろんなことが付いてくるものです。地道な一歩が大きな規模のビジネスにもつながっていき、目の前のことに責任を持ってつながる。その覚悟が大切だと思います。

プロフィール

座右の銘
凡事徹底
最近気になっていること
通販のダイエット関連商品/包丁などの料理道具
休日の過ごし方
料理が好きなため料理をしていることが多いです。また外に出る際は食べ歩きなどしながらお店の開拓をしています。
2011年9月
入社 東京本社EMCディビジョン(コンサルタント)に配属
2013年10月
同 Global Recruitmentチームへ異動
2014年7月
リーダーへ昇格
2015年1月
同 日系製造業チームへ異動
2017年1月
東京本社北関東チーム マネージャーへ昇格
2017年10月
北関東支店設立 同支店長へ昇格

採用希望者へのメッセージ

仕事にクリエイティブを求める人や、何かを実現したい人に向いている職場

望むキャリアを自分の手で掴み取れる会社です。その戦略を考えるのも自分自身。仕事にクリエイティブを求める人や、何かを実現したい人にはとても向いているのではないでしょうか。また、優秀な人たちのノウハウが蓄積されている会社でもあり、自分の殻を破りたいと思っている人がチャレンジしやすい環境です。人生をもっと幸せにするために、プロフェッショナルとして働きたい方は、ぜひご応募ください。

採用情報