トワタリ 絵里佳

求職者と企業の双方と良好な関係を築けるよう、心がけを大事にしています

  • エグゼクティブディビジョン シニア コンサルタント
  • 2012年 新卒入社

性別不問、裁量権があり、
実績に対し正当に評価してくれる制度のある会社で働きたい

就職活動中、説明会で知り合った多くの就活生が「大学の偏差値に見合った知名度の企業に入社しなくては!」と話していたのを聞いて、漠然と「この人たちは、社会に出てから行き詰まりを感じるのではないか?」という考えに至りました。そこから、こういう人たちのキャリアをサポートする役割に興味を持ちました。また、就職活動中に友人から相談されることが多く、自分のためよりも人のためなら積極的に行動できると実感したことが、コンサルタントという仕事への興味につながったのです。

ジェイ エイ シー リクルートメントの説明会で人事担当者のプレゼンテーションを聞いたとき、ジェイ エイ シー リクルートメントがブランドイメージ通りに事業を展開し、組織を構成していることがわかり、その内容に共感しました。また、自分の描いていた働く基準「年齢や性別に関係なくみんなが同じ土俵で仕事に携われること。裁量権があるというか、自分が主体的に動いて仕事を作ることができること。実績に対し正当に評価してくれる制度のある会社」の3点を全て満たす会社だったことも大きかったです。

「ジェイ エイ シー リクルートメントのトワタリとまた一緒に仕事したい」
と感じていただくために

私が所属しているエグゼクティブディビジョンでは、企業の幹部候補のポジションを専門に扱っています。企業が役職者の採用を考えるということは、大きな問題の解決や重要な戦略の実行ができる人材を紹介してもらえることを期待しています。ですから、求職者が企業に採用されることをゴールとするのではなく、その企業で活躍されることをゴールと考える必要があります。私はその実現のためには、企業の担当者から得た情報を正確に求職者にお伝えすることが大事だと考えています。

求職者と企業のご担当者の双方と良好な関係を築けるよう常に心がけています。そして、企業の担当者から「ジェイ エイ シー リクルートメントのトワタリとまた一緒に仕事したい」、転職を支援した方からは「またトワタリさんにお願いしたい」と感じていただけるように、日々努めています。

自分のコンタクトで案件が生まれたとき、介在することの価値を実感

かつて企業の幹部候補の人事は、経営層のネットワークだけでおこなわれていましたが、現在はコンサルタントが介在するケースが一般的になりました。ただ、案件は企業から依頼を待つのではなく、企業の担当者へアプローチをすることで生まれることがほとんどです。そのため、企業の経営層の方々とお話しするときは、まず信用を得られるよう、経営者の思いを汲み取りながら、中長期的なお話、経営計画に関する話や、上場を目指す会社の体制強化などについてもお話しします。その結果、自分が動いたことで案件を創出でき、1つのご縁ができたときは、自分が介在したことの価値・仕事の価値を強く感じることができます。

実は今年から私は産休に入るのですが、1年後には仕事に復帰する予定です。その際に、できるだけお客様に迷惑をかけないこと、成長を続ける自部門やメンバーに早く追い付くことを目標にしています。復職してからも肩書に負けないスキルや知識を身に付けたいと思います。

私にとっての「つなぐ」

ジェイ エイ シー リクルートメントで働いていると、人と人はつながっていることを実感します。例えば、アプローチしていた企業の役職者が求職者になられたり、その方を別の企業へご紹介し、代表になられたり。逆に、求職者だった方が就職されて、自分のカウンターパートになることもあります。私にとって社内と社外、どちらの「つながり」も非常に大切だと感じています。

プロフィール

座右の銘
苦しい時こそ成長する。
最近気になっていること
お得に海外旅行に行く方法。
休日の過ごし方
最近引っ越しをしたばかりなので、旦那さんとインテリアショップ巡りをして過ごすことが多い。
2012年4月
新卒入社 キャリアプラスディビジョン配属
2012年7月
現場配属 サービスディビジョン配属
2017年1月
エグゼクティブディビジョンへ異動

受賞歴 等

  • 2012年12月ルーキー賞受賞
  • 2012年ベストプラクティス受賞
  • 2015年ベストプラクティス受賞

採用希望者へのメッセージ

両面型コンサルティングには、自分で収集した情報を自分で伝える明快さと仕事の進めやすさがある

求職者と企業側の両方を1人のコンサルタントで全てを背負うことは、荷が重いと思われるかもしれません。しかし、分業型は別の担当者を通して求職者や企業の状況や思いを把握する難しさがあります。一方で、両面型は1人でさまざまな情報を聞く必要はありますが、それを自分自身で相手に伝えられるので明快ですし、仕事を進めやすいです。どちらも体験した私は、自信を持って両面型をおすすめします。

採用情報