代表取締役社長 松園 健

message_img01.jpg  株主の皆様には、日ごろよりご支援を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。 第29期となる2015年、代表取締役社長として5年目を迎えました本年のご報告をさらなる増収と最高益の更新という形でお伝えできることに、心から感謝いたします。また、当社は2015年8月28日をもちまして、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)から同証券取引所市場第一部へ株式の上場市場を変更することができました。これもひとえに、ここまで当社をご支援くださいました株主の皆様のおかげであり、重ねて感謝を申し上げます。


 2015年は、海外情勢の一部に不安定な動きがみられたものの、当社グループの業績は中高額帯並びに専門性の高い求人案件への事業集中がマーケットニーズの実態に添う形となり、売上高は当初の計画を上回る進捗で推移いたしました。中でも、わが国経済のグローバル化を背景として、日系企業の海外関連求人領域の成約額は前年同期比50%超の高い伸びを示しました。


 2015年における当社グループ経営は、過去5年間、全社で徹底的に取り組んできた以下の「PPP&I」を根幹としながら、「Professional Value, Team Value and Company Value(個人はプロを目指し、チームワークで高い成果をおさめ、企業価値を高める)」をキーワードとして、株主・顧客・従業員が満足できる「魅力的」な企業を目指し、企業価値の向上に取り組んでまいりました。

① Professional 「人材紹介コンサルタントのプロフェッショナル化」
② Productivity 「生産性の向上」
③ Profitability  「利益の絶対額と利益率の向上」
④ International 「日系企業の海外関連求人、外資系企業求人、グローバル人材領域の強化」

 「Professional Value」に関しましては、業界を代表するプロフェッショナルの集団を目標として、優秀な人材の採用強化と教育研修の充実に取り組んだほか、育成したコンサルタントの長期定着を促進するために人事制度の見直しに取り組みました。こうした施策の効果もあり、当社における重要指標「求人に対する決定率」は、2015年もさらに改善が進みました。


 「Team Value」に関しましては、組織予算の達成をより重視し、そのためにTeam毎の達成力の強化に力をいれました。各コンサルタントへのサポート体制を充実させて業務の効率化に努め、外部研修を導入して管理職のマネジメント力強化にも取り組みました。


 2015年は、上記のような施策の導入により全社で「Company Value」の向上を進めました。その努力が、東京証券取引所市場第一部への株式上場市場の変更という形で大きく実を結んだことは、誠に喜ばしい限りであります。


 これにより、もう一段高いステージで人材紹介業の認知を高めていくための一歩を踏み出すことができたほか、当社といたしましても、この市場変更をブランドイメージ向上の大きな機会と捉え、社員採用、顧客企業開拓、ご登録者の獲得等の各方面で積極的に活用していく所存であります。


 第30期となります2016年は、さらなる生産性の向上と事業規模の拡大を両立させ、日本における中高額帯人材紹介のマーケットリーダーとして圧倒的な地位を確立してまいります。また併せて、コンプライアンス面においてもさらなる強化に取り組み、東証第一部上場企業に求められる社会的責任を果たしてまいる所存です。株主の皆様には、今後とも引き続きのご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2016年3月