健康経営に関する取り組み

経営理念

当社は、「Freedom & Discipline(自由と規律)」「Fairness(正当性)」「Speed(スピード)」「Sincerity(誠実)」「Attitude(態度)」からなる「JAC Recruitment Philosophy & Policy」を、創業以来ゆるぎない価値観として掲げ、成長と発展の礎としてきました。

http://corp.jac-recruitment.jp/about/philosophy-policy.html

なかでも「Freedom & Discipline」においては、人材を紹介する事業の模範となり、企業の成長に、そして人の成長に介在する意義のある個人であるために、心身ともに健康を重んじ、常に平常心を保ちすこやかである事を理念として掲げています。

健康経営方針

当社は、上記の経営理念に基づき、経営層のコミットメントのもと、全社を挙げて社員の健康促進の取り組みを行っています。また、この取り組みは一過性のものではなく、検証と実行を繰り返し常に継続して改善を図ることによって、当社の事業と全社員の永続的な成長を促すものとしています。

課題

1.運動習慣

当社の社員は平均年齢が34歳と比較的若いにも関わらず、脂質代謝や肝機能等の生活習慣病に関する有所見率が高い結果が出ています。当社社員の運動習慣者比率は健保平均値よりも低いことから、より多くの社員に対し生活習慣病予防のための定期的な運動習慣をつける支援を行うことが課題となっています。

2.残業時間、有給休暇取得日数

人材紹介コンサルタントの社員は、転職を希望する求職者の方々との面談を夜に行うことが多いことから、終業時間が比較的遅めの時間帯になりがちです。また、有給休暇および夏季特別休暇の取得日数は年間9日にとどまっており、より有給休暇が取りやすい職場環境作りも課題です。

3.仕事と育児の両立

当社は社員の男女比がほぼ半々と、多くの女性社員が活躍しています。また、人材紹介ビジネスは顧客企業や仕事を紹介した方々や求職者との関係を構築することが重要なビジネスであることから、社員の出産または育児にかかる精神的・肉体的負担を軽減し、キャリアを継続させることも課題となっています。

社員の健康促進に向けた取り組み

当社では、社員の健康促進に関する計画の立案と実施だけでなく、政府が促進する「働き方改革」の方針に則り、時間を有効活用し効率的に成果を生むための働き方の改善や、社員のワーク・ライフスタイルが向上する取り組みなどを包括的に支援する取り組みを行っています。

健康促進に向けた具体的な取り組み

健康状態の把握

・健康診断の受診促進
・人間ドックの受診推進および費用補助
・ストレスチェックの実施

健康促進の取り組み

・運動促進プログラムの導入
・社内ストレッチ講座の開催
・社内クラブ活動支援

疾病予防機会の提供

・インフルエンザ予防接種の実施及び費用補助
・無料歯科検診の実施

ワーク・ライフスタイル改善支援

労働時間、休暇  

・労働時間管理
・有給休暇取得奨励

情報・教育

・健康向上のための情報提供
・教育機会の提供

その他

・育児支援金制度
・仕事と育児両立のための働き方委員会
(Working Parents Committee)

■健康促進に向けた取り組み

運動促進プログラム(ヘルシーチャレンジ)の実施

社員が運動習慣を持つきっかけづくりのため、定期的な運動をする社員に対しポイントを付与し、ポイントの数に応じて商品券を進呈するプログラムを実施。参加者は毎年増加しています。また、スポーツクラブ等運動施設の利用に対して費用補助も行っています。

ストレッチ講座の実施

外部講師を招き、肩こり・腰痛防止のための、仕事中でも行える簡単な体操の方法について講座を開催しています。

社内クラブ活動支援

当社ではフットサル、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ヨガなど様々なクラブを設け、社員が自発的に参加し活動しています。会社は各クラブの運営における補助金を支給し、支援を行っています。

■ワーク・ライフスタイルの改善

労働時間管理

全社対象の労働時間管理方針のもと、限られた時間内で成果を出すことに取り組むとともに、求職者の面談が夜に行われることが多い仕事であることからフレックス出社を促進するなど、柔軟な働き方を推進しています。また、 夏季休暇は連続9日間の取得を促進し、心身共にリフレッシュする機会を提供しています。

育児支援金制度

子供を持つ社員に対して、仕事と育児の両立支援のため、最高10万円/月の育児手当金を支給。託児所費用を越える託児サービス利用ができるよう会社が支援することで、プロフェショナルとして心身ともに安心して仕事に取り組むことができるよう取り組んでいます。

育児支援制度<http://corp.jac-recruitment.jp/diversity/>

仕事と育児両立の働き方委員会(Working Parents Committee)

本社、各支店の子供を持つ社員が集まり、育児をしながら仕事をする際の悩みを共有したり、時間管理についてアドバイスし合うなど、仕事と家庭との両立を図るための意見交換を行っています(Working Parents Community)。更に、コミュニティの代表の社員と人事から成る「仕事と育児両立の働き方委員会」(Working Parents Committee)を設け、コミュニティの中で出た意見に対して会社としてどんな支援ができるかを話合ったり、コミュニティの更なる活性化策を議論したりしています。

これまでの成果(2016年実績)

1.健康診断受診率: 99.8%達成 (2015年から0.8%改善)
2.ストレスチェック受診率:93.7%
3.運動促進プログラム(ヘルシーチャレンジ)参加率:17.2% (2015年から4.6%改善)
4.喫煙率:23.3%
5.健康診断有所見者比率:23.5% (2015年から4.3%改善)
6.有給休暇および夏季特別休暇取得日数:9.4日 (2015年から0.4日増加)

2019年までの目標


健康診断関連

・健康診断受診率:100%
・ストレスチェック受診率:100%

生活、働き方の改善

・運動習慣者比率:30%以上 (2016年:17.8%)
・喫煙率:0%
・健康診断有所見者比率:20%
・有給休暇および夏季特別休暇取得日数:11日

体制について

当社では「健康経営推進委員会」を組織化し、健康経営の取り組みを行っています。副社長・管理本部長が委員長を務め、人事労務担当部長および人事チームと産業医、本社と各支店の衛生委員が連携し、毎年の健康課題を踏まえた目標設定を行い、各施策を実施。各拠点の衛生委員から実施状況の報告を受け、評価を行う体制を整えています。委員会での議論の内容は取締役会にも報告されます。

健康経営推進委員会 組織図