JAC Recruitmentについて/事業案内

  • 当社が目指すもの
  • サービスについて
  • 当社の強み
  • 人材マーケットの全体像
  • 人材サービス業界の成長性
  • 人材紹介のビジネスモデル

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)について

人材紹介事業を中心に、求人媒体事業でさらなる人材の選択肢の提供が可能に。
それがジェイ エイ シー リクルートメントです。 

Our Mission (私たちの使命)

JAC Recruitment Group は、世界の各地域で企業の発展を担う人材を数多くつなぐ(紹介する)ことで、人と企業と 経済と社会をつなぎ、その成長に貢献し続けています。

私たちがつないだ人材の活躍によって、企業が躍進し、それが世界経済の発展につながる。経済の発展が社会の貢献につながる
私たちがつないだお一人おひとりも、新しい場所で新しい人とつながり、そこでさらなる個人の成長につながる
私たちの志をつなぐことで、個人の発展、企業の発展、社会の発展、国の発展、そして世界の、地球の発展に。
それをつなげていくのが私たちJAC Recruitment Group であり、私たちの使命=Missionなのです。

フィロソフィーアンドポリシー

JAC Recruitmentの企業文化を象徴する、2つのPhilosophy(哲学)と3つのPolicy(方針)。これらは、私たちの成長と発展の礎となる、ゆるぎない価値観です。

Philosophy

  • Freefom&Discipline:自由と規律
  • Fairness:公正さ

Policy

  • Speed:速さ
  • Sincerity:誠実さ
  • Attitude:態度

社名の由来・シンボル

【社名の由来】
1975年、英国に居住する日本人向けサービスの充実を目的として、ロンドンに誕生したのがJAC(Japan Agency & Consultancy)です。社名のJACには、現地で活躍する日本(Japan)の方の代理人(Agency)、相談相手(Consultancy)としてお役に立ちたいという想いが込められています。 その後、JACはシンガポールをはじめとする海外地域において人材紹介事業を行う会社を設立し、現在では世界10ヶ国に広がるグループ(以下「JAC Recruitment Group」)でサービスを提供しています。

※当社は、JAC Recruitment Groupの事業会社の一つとして、日本において人材紹介事業を運営することを目的とし、1988年3月に設立されました。英国発祥の日系人材紹介会社というインターナショナルな企業カルチャーをバックグラウンドに事業を展開しております。

【シンボル(ロゴマーク)について】
JAC Recruitmentのロゴマークは、ジグソーパズルの大きなピース(人材を求める企業)に、小さなピース(転職希望者)を組み合わせることで、JACのミッションを表現しています。

ジェイ エイ シー リクルートメントのサービス

多様な人材ニーズに対応するための3つの人材紹介ブランドと、求人媒体ブランドによるトータルなサポート体制。

サービス案内図

JAC Recruitmentの強み

JAC Recruitmentは「中高額帯層の求人領域に特化」、「グローバル対応」、「サービスの質が高く規模が大きい」の3つの強みを生かし、事業を展開しています。

①スペシャリスト、ミドルマネジメント、エグゼクティブなど、中・高額帯層の求人領域において高い信頼を獲得

JAC Recruitmentは、海外進出関連業務などのインターナショナル領域などで活躍するスペシャリスト人材、ミドルマネジメント(管理職人材)、エグゼクティブ(役員や幹部人材)など、スタッフレベルのポジションよりも年収が高い求人領域に特化したサービスを提供しています。また、コンサルタントが外国人かバイリンガルで構成されたJAC Internationalでは、外国人の経営者や人事権を持つ方からの高額帯の人材ニーズに対応しています。JAC RecruitmentとJAC Internationalの両社は、多くの国内の日系・外資系企業からマネジメントやエグゼクティブ層の人材ニーズに対応できる企業として高い信頼を獲得しています。

②インターナショナル領域のサービスと、海外のJACグループ会社との強固なネットワークを生かした「日系企業の海外進出支援」で豊富な実績

日系企業がグローバル展開を加速する中、海外関連業務に携わるグローバル人材や、外資系企業のサービスを当社では「インターナショナル領域」と定め強化しています。このインターナショナル領域による事業比率は50%以上と、業界内でも圧倒的なシェアを確立しています。また、海外7カ国のJAC Recruitmentグループ企業との強力なネットワークを生かすことで、海外進出により事業の拡大を図る日系企業に対する人事面に関する情報やアドバイスを提供したり、海外の求人に対応できるのも当社の強みです。

③「両面型」のコンサルティングで企業と転職希望者の双方を支援するコンサルタントが約500名在籍する規模

JAC Recruitmentは、企業の人材ニーズを受け登録者に対する転職サポートの両方を一人のコンサルタントが行う「両面型」のビジネスモデルを導入しています。これにより、別々に企業と転職希望者ごとに担当を分ける「分業型」のビジネスモデルよりも質の高いサービスの提供が可能となります。当社には、両面型のビジネスモデルによるサービスを提供するコンサルタントが約500名在籍しており、国内の人材サービス業界最大規模の人数です(※)。※当社調べ

人材採用マーケットの全体図

近年、経済環境の急速な変化や価値観の多様化などの理由により、企業の人材ニーズはますます高度かつ複雑になっています。

優秀な人材を採用するための手段として「人材紹介・人材派遣」と「求人広告」が存在する中、ジェイエイシーリクルートメントおよびジェイ エイ シー インターナショナルは正社員(キャリア)の採用支援に特化したサービス、株式会社シーシーコンサルティングはCareer Cross、Career Cross Asiaを通じて求人広告サービスを両側面から提供しています。これにより、ジェイ エイ シーでは、グループ企業全体で多様な人材ニーズに応える体制を整えています。

人材採用マーケットの全体図

成長を続ける人材紹介市場

景気の回復と共に成長が続く人材紹介市場

人材紹介市場は2009年以降、景気回復の影響や人材紹介サービスの認知度の高まりを受け成長を続けています。

特に、IT関連の技術者や日系企業の海外進出に伴うグローバル人材などを中心に求人が活発であることや、紹介手数料単価の上昇も市場拡大の要因となっています。

成長を続ける人材紹介市場グラフ

人材紹介業界の歴史

職業安定法改正で原則自由化。国から民間へ

人材紹介(有料職業紹介)で取り扱いができる職種は国によって大きく制限されていましたが、1997年の規制緩和、1999年の職業安定法改正で原則自由化されました。また、許可申請の簡素化(1997年)、紹介予定派遣の解禁(2000年)、手数料上限の撤廃(2002年)、兼業禁止規定の撤廃(2004年)などにより、業界へ参入する企業が増えました。

その後、リーマンショックにより、雇用環境の厳しさが増した結果、事業所数の伸びは鈍り、大きく変化したマーケットの中で選別を受ける時代となっています。

人材紹介業界の歴史

転職市場における人材紹介業界のシェア

今後も高い成長を見込む人材紹介市場

職業安定法改正等の影響で、人材紹介市場は拡大し、人材紹介会社を経由して転職したホワイトカラー人材は2014年は31万人を超えています。しかしそれは転職者数全体の28%にすぎません。人材紹介業界の認知拡大によって、今後も市場の拡大が予想されます。

人材紹介業界の歴史

人材紹介のビジネスモデル

人と企業をつなぐ

人材紹介(有料職業紹介)は厚生労働省による許認可事業で、転職希望者と人材を求める企業との間に立ち、 双方のニーズを捉え結びつける「仲介」の役割を果たします。転職希望者は人材紹介会社に登録し、求人の紹介や転職相談などのサービスを受けることができます。企業側は、人材紹介会社が紹介した人材が入社に至った際、手数料として報酬を人材紹介会社に支払います。

ジェイ エイ シー リクルートメントは、採用が決定した方々が十分に能力を発揮し貢献できるよう、適切できめ細やかなコンサルティングサービスを提供しています。

人材紹介のビジネスモデル

人材紹介の機能と特色

人材紹介サービスの価値

人材を採用する際、費用をかけて求人広告を掲載しても希望する人材を採用できるとは限りません。人材紹介業は完全成功報酬型で、採用が決定するまで費用が発生しないため、リスクを取らずに優秀な人材を採用することができることが最大のメリットです。

転職希望者にとっては、経験が豊富なプロフェッショナルコンサルタントと面談することで、求人情報に加え、職務経歴書や面接などのアドバイス、自己スキル分析等のコンサルティングを受けたり、入社時期や年収や条件等を交渉をすべて無料で代行してもらえるなど、高いメリットがあります。

人材紹介のビジネスモデル

人材紹介サービスの価値

人材派遣(一般労働者派遣)では人材派遣会社に登録した人材を企業へ派遣し、派遣先企業から派遣料を得ます。人材派遣会社はその派遣料から派遣スタッフの給与や各種社会保険料を差し引いた額(売上原価)を利益として得ることができます。人材派遣と人材紹介で同じ売上高を上げていても、利益額は大きく異なります。

人材紹介と人材派遣のちがい

人材紹介業のサービス形態

人材紹介業のサービス形態は、1.登録型 2.サーチ型 3.再就職支援型 に分かれます。
ジェイ エイ シー リクルートメントは、1988年の創立以来「登録型」の人材紹介会社として成長を続けています。

サービス形態 主要業務内容 主な対象者 特徴
一般紹介型(登録型)
(JACの領域)
求人企業と求職者それぞれの依頼に基づき、マッチングを仲介するサービス。職業 紹介としては最もポピュラーな形態。 ホワイトカラー全般 求人・求職情報の蓄積により紹介件数の拡大が可能
エグゼクティブサーチ型 求人企業の依頼に基づき、その企業に適した人材を検索し、引き合わせるサービス 。いわゆるヘッドハンティング。 上級管理職
上級専門・技術職
個別案件が中心で、秘匿業務的
アウトプレースメント型 社員の再就職活動支援サービスの一環として、再就職紹介先を紹介するサービス。 中高年層を中心とする再就職者 社内に対するカウンセリング機能が重要